赤ら顔は腸内環境を整えると治る!?

赤ら顔ケア情報

 

ちょっとした刺激でも敏感に感じる赤ら顔。

 

スキンケアを見直してもなかなか良くならない・・・

 

そう感じているなら、腸内環境の悪化が赤ら顔改善の妨げになっているのかもしれません。

 

「便秘や下痢」はもとより「疲れやすい」「疲れが取れない」「風邪をひきやすい」などの症状があるなら、なおさら腸内環境が乱れている可能性があります。

腸内環境が赤ら顔にどう関係する?

腸内環境と肌は密接な関係で、腸内環境のバランスが乱れると、悪玉菌が増殖することで免疫細胞が異常を起こし、免疫細胞の一つであるT細胞などが正常に働くなり、数が増えすぎたり、必要以上に働きすぎにより、肌に炎症や湿疹、赤み、かゆみなどの症状を引き起こしてしまいます。(免疫細胞の70%は小腸に由来している)

 

こうしたことから、赤ら顔や酒さなども免疫異常から過剰刺激反応をおこし、肌に炎症をもたらすとも言われています。

 

そうした症状は、赤ら顔だけでなく肌の炎症(脂漏性皮膚炎、ニキビ、肌荒れ)なども現れます。

 

また、便秘が続くとニキビができやすくなったり、肌荒れを引き起こすことが知られてますが、肌は排泄器官であることから、腸にたまった毒素が血液を介し皮膚から毒素を排出しているからだとも言われるくらいです。

 

そういえば・・・と思い当たる節があるなら、スキンケアだけでなく腸内環境も整えてみてはいかがでしょう。

腸内環境を整えるには

 

腸内環境を整えるには、「バランス良い食事」「疲れ」「ストレス解消」などの生活習慣の見直しや腸内細菌を減らす原因となっている「抗生物質を控える」事やプレバイオティクス、プロバイオティクスを心掛けることが大切です。

 

生活習慣の見直し

ストレスや疲れ

ストレスや疲れは、身体に毒素を作りその毒素で腸内細菌も死滅してしまうと言われるほど、毒性が強く体を一気に酸化させてしまいます。

 

「仕事が忙しい」「家事や育児で忙しい」「休む暇がない」「自分の時間がない」など様々な疲れからくるストレスなどもあると思います。

 

効率よく、機嫌よく働くには休息は大切です。

 

リラックスできるできる時間を設けたり、身体をしっかり休める時間が取れるよう工夫してみましょう。

バランスの良い食事

 

野菜や果物が少なく、スナック菓子やインスタント食品、外食、脂っこい食事や甘いお菓子などが多い食生活なら、腸内細菌が弱ってしまう食生活なのでいつまでたっても腸内環境は良くなりません。

 

腸に入ってくるも内容や室によって、腸内細菌のバランスに乱れが生じ、健康の面からもそうした食生活は、老化を早めることになります。

 

日本人には日本人に特有の乳酸菌が腸内細菌として住み着いていますので、食物繊維や糖をバランスよく取れる日本人に合った和食を多めに摂りいれるようにしてみましょう。

 

抗生物質の摂取を控える

 

風邪をひいたら、すぐに病院へ行きお薬(抗生物質)を貰って飲んでいませんか?

 

風邪を引くと言うことは免疫力が低下している状態で、腸内細菌の働きも弱まっています。

 

そこに、さらに細菌を殺してしまう抗生物質を飲むと、抗生物質には、良い菌や悪い菌などの判断が無いため善玉菌も殺し、腸内細菌全体が減ってしまうため、腸内環境が乱れお腹がゆるなったりお腹が痛くなったりします。

 

飲まないといけない場合もあるかと思いますが、お医者さんでもまだまだ腸内細菌に対しての認識が無い方も多くいらっしゃいます。

 

抗生剤で細菌を殺すのではなく、増やす事で病気に負けない体つくりをすることが大切です。

プレバイオテクス(菌を元気にする栄養素を与える)

食物繊維

 

食物繊維は不溶性と水溶性の食物繊維に分かれますが、腸内最近のエサになるのは水溶性食物繊維です。

 

不溶性食物繊維は、腸内細菌のエサにはなりませんが、消化されずらいため排便を促してくれるよう便を増やしてくれます。

 

水溶性食物繊維は「麦」「わかめ」「アボカド」などに多く含まれていて、多くとることで腸内細菌のエサになるだけでなく、糖や油を吸着し排出してくれるダイエット効果もあります。

 

食事でとるのが面倒な方は、サプリメントで補うこともできます。

 

オリゴ糖

 

オリゴ糖は腸内細菌の大好物で、与えると善玉菌だけのエサになるため善玉菌だけが繁殖し、腸内環境を整えてくれます。

 

オリゴ糖の多い食品としては、バナナや玉ねぎですが、「オリゴのおかげ」などのオリゴ糖甘味料や「てんさい糖」「黒砂糖」などにも5%ほど含まれています。

 

濃度の高いオリゴ糖は、サプリメントでも補えます。

プロバイオティクス(細菌を摂りいれる)

乳酸菌

 

腸内環境を整えると聞けば、乳酸菌=ヨーグルトと言うイメージが多いかもしれませんが、ヨーグルトだと単一の菌の場合が多いので菌の偏ることで腸内細菌のバランスが悪くなると言われていて、その後の体質(太りやすい、病気になりやすい)にも大きくかかわっています。

 

乳酸菌は、小腸で働く乳酸菌、十二指腸で働く乳酸菌、大腸で働く乳酸菌など、種類によって効果が違いますが、場所によっても違ってきますので、腸内環境を整えるには、単一の乳酸菌を摂ろ続けるのではなく、様々な場所で働く乳酸菌をバランスよく摂るのが理想です。

赤ら顔が改善する乳酸菌抽出物LFK

 

普段の食生活や生活習慣を変える「乳酸菌を摂る」などで赤ら顔の改善を期待できると言いましたが、直接赤ら顔の改善に貢献してくれる乳酸菌抽出物LFKという乳酸菌があり、赤ら顔(酒さ)を改善できるとして特許を取得しています。

 

その乳酸菌は名前の通り抽出物ですので、食品からは取れないのでサプリメントで摂取する必要がありますが、色素沈着やニキビ、血管拡張、肌荒れ改善などの肌への効果が認められているだけあって、赤ら顔を改善してくれる乳酸菌サプリとして評判になっています。

 

まとめ

 

腸内環境は免疫と深く関係していることは有名です。

 

赤ら顔の原因になっている酒さやニキビ、脂漏性皮膚炎、アトピーなども免疫は関係しています。

 

腸内環境が良い自信があるならスキンケアだけに注力すればよいですが、自信が無いようでしたら中からも肌を変えていく必要があります。

 

この機会に見直してみてはいかがでしょう。

 

相乗効果で他にもうれしいことが起こるかもしれませんね。