化粧品の防腐剤一覧

化粧品 化粧品の防腐剤

 

ここでは、化粧品に配合されている防腐剤(防腐剤と認定されていない防腐効果のある合成成分も含む)を一覧にしています。

 

化粧品に配合されている防腐剤の背景

化粧品

 

化粧品に配合される防腐剤は、化粧品を安全に使うため製品に細菌やカビなどが繁殖しないために配合されています。

 

また使う時に触れる空気や肌から移る菌の繁殖を防ぐためにも配合されています。

 

一般的には「防腐剤」と呼ばれていますが、殺菌、静菌作用が主。

 

化粧品に繁殖しうる「グラム陰性菌」「グラム陽性菌」「カビ」「酵母」「細菌類」など様々な菌に対応するためです。

 

防腐剤を配合している化粧品では、未開封状態で3年以上、開封後では1年前後の品質が維持できるくらいの防腐剤が配合されます。

 

防腐剤の種類によって効果のある菌と効果のない菌いるため、基本的には様々な菌に対応するために複数の防腐剤を組み合わせて配合している化粧品が多いです。

 

ただ近年では防腐剤は肌に良くないなどという風潮があるため、防腐剤の配合量を可能な限り減らすため、防腐剤に変わる抗菌作用のある成分(多価アルコール類など)と組み合わせることで品質を保っている化粧品もあります。

 

防腐剤として認定されていない防腐効果のある成分を配合し「防腐剤フリー」としている化粧品もあります。

 

ですが、こうした成分が認定されている防腐剤より肌に安全で刺激や負担が無いかと言われれば、それは未知だそう。

 

さらなる研究や実験によってもっと先の未来にならないとわからないと言えます。

 

肌が敏感な人にとっては、化粧品に配合されている防腐剤は気になるところです。

 

中には、こうした紛らわしい成分(防腐剤)も全く配合せずに製造している化粧品もありますので、ここに掲載している防腐剤(防腐効果のある合成成分含む)を参考にしてみてください。

 

化粧品に配合される防腐剤一覧

防腐剤と認定されているもの

アルコール(エタノール)、パラベン、ベンジルバラベン、ブチルバラベン、プロピルバラベン、エチルバラベン、メチルバラベン、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、フェノキシエタノール、o-シメン-5-オール(イソプロピルメチルフェノール)、ヒノキチオール

安息香酸/安息香酸塩系

安息香酸Na、安息香酸ナトリウム、安息香酸ナトリウム、パラオキシ安息香酸エチル、パラオキシ安息香酸ブチル、パラオキシ安息香酸プロピル、デヒドロ酢酸、サリチル酸、ソルビン酸、

 

多価アルコール系

プロパンジオール、BG(1.3ブチレングリコール)、1.2ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、エチルヘキシルグリセリン

 

多価アルコール系は、防腐剤フリーとうたわれる製品に配合されていたり、パラベンやフェノキシエタノールの配合量を減らすために配合されている場合が多い。

 

その他

ベンザルコニウムクロリド、クロルフェネシン、ベンザルコニウムクロリド