酒さにヨーグルトパックをするといいってホント?

酒さ

 

ヨーグルトパックは酒さにも良いと聞きますが、本当に良いのでしょうか?

 

ヨーグルトパックは、ニキビ、シミ改善(美白)、美肌など多くの美容効果を実感することができると言われていて、口コミでも評判になっていますね。

ヨーグルトパックが酒さの肌に良いとは限らない

ヨーグルト

 

元々食品なので比較的安全だとは言われていますが、炎症のひどい肌にはしみたり刺激がある場合もありますので注意が必要です。

 

また、ヨーグルトには、フルーツ酸が含まれており古い角質を除去する効果があり、穏やかなピーリング作用があります。

 

ですが、酒さの肌は炎症や傷で肌が薄くなっているので外部の刺激から肌を守れていない状態です。

 

ヨーグルトパックをして刺激が無くても、ピーリング作用でさらに肌を薄くしてしまう可能性があることは少しでも避けたほうが良いかもしれません。

 

炎症が起こりやすい肌は角質を剥がすのではなく、温存することが大切ですので、どうしても試してみたい場合は狭い範囲から試してみると良いですね。

 

そもそもヨーグルトパックが酒に良いといわれるのは?

女性

 

そもそもヨーグルトパックが酒さに良いといわれる理由は2つ。

 

✔ 美肌菌を増やせる

 

✔ 美白効果

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、肌に住む美肌菌のエサになり美肌菌を増やします。

 

美肌菌が増える事によって、美肌菌が作り出す肌バリアが肌のPHを整え乾燥や悪玉菌から肌を守ってくれます。

 

この美肌菌は酒さの原因とされている抗菌ペプチドの暴走を制御する働きもあります。

 

また、ヨーグルトの上澄みでもあるホエイには美白効果があります。

 

この美白効果は、角質の保湿作用からくるもので肌に透明感を与えてくれます。

 

こうした効果があるため、ヨーグルトが酒さに良いといわれているんだと思います。

 

基本的なヨーグルトパックの仕方

 

口コミでも人気を集めているヨーグルトパックのやり方は至ってシンプル。

 

ヨーグルトと小麦粉をミックスさせて酒さの気になる部分に塗っていきます。

 

5~10分ほど経つとパックが固まってくるため、洗顔料を使って洗い流します。

 

健康な肌なら、洗い流したそばから美肌効果や美白効果を感じられます。

 

ヨーグルトパックの注意点として長時間のやりすぎは禁物です。

 

時間の目安は5分から10分ほどとなっており時間をしっかり守らないと肌に余分な脂肪分が蓄積されてしまい顔のテカリが気になってしまうこともあるようです。

 

より効果を求めるなら、美肌菌尾増えやすいビフィズス菌(ヒト由来の菌)を配合したヨーグルトで、かつホエイ(上澄み)を使うのが良いです。

 

酒さにヨーグルトパックをするといいってホント?のまとめ

 

ヨーグルトパックは、肌にとって大切な美肌菌を増やしたり、角質を潤わせてくれます。

 

ただ、穏やかではあるけれどピーリング作用によって肌にダメージを与える事も。

 

酸で刺激を感じる事もあるので、様子を藻ながら少しづつ始めてみてください。

 

ヨーグルトパックよりもっと効率的に肌を整えたいなら、美肌菌を増やしつつ肌を整えてくれる化粧品もあるので試してみてくださいね。

 

https://healthandbeautyblog.info/16750/