育菌スキンケアですっぴん美肌に

スキンケア 肌の育菌

 

すっぴんでも美肌になりたい・・・

 

そんな方に話題となっている「育菌スキンケア」とは、いったいどうやってするのでしょう?

 

ここでは、すっぴん美肌が手に入る「育菌スキンケア」について紹介します。

 

育菌スキンケアとは?

スキンケア

 

私たちの肌には、腸内環境と同じで「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」の3つの菌が存在していて、バランスを保つことで健やかな肌を保てています。

 

こうした肌に住む菌の事を皮膚常在菌と言います。

 

この皮膚常在菌は、皮脂や汗などを食べ生きています。

 

人によって種類や数が違いますが、ストレスや疲れから体調の悪い時や、過度なスキンケアなどで「皮膚常在菌自体が減ってしまう」「悪玉菌が優勢になる」など、皮膚常在菌のバランスが崩れる事によって肌トラブルに繋がります。

 

このようなことにならないよう、皮膚常在菌を増やしバランスを保つために育てるスキンケアの事を「育菌スキンケア」と言います。

 

育菌スキンケアで、肌本来の力を取り戻したいですね。

 

そもそも肌に住む皮膚常在菌とは?

 

菌

 

肌に住む菌は、腸内環境と同じく「善玉菌」、「日和見菌」、「悪玉菌」に分かれます。

 

単純に、悪玉菌が繁殖すると肌の状態が悪くなり、悪玉菌が増えることで日和見菌も悪玉菌に加担して肌にとって悪い働きをすようになります。

 

善玉菌の働き

 

善玉菌は天然のバリアと言われる皮脂膜を作り、水分蒸発を防いだり肌を弱酸性に保ち悪玉菌や雑菌、ウイルスから肌を守る働きをしています。

 

皮脂膜は、ただの皮脂ではなく善玉菌が皮脂や汗や皮脂を食べた代謝物で、弱酸性のグリセリンを含んだ天然の保湿剤と言われています。

 

その皮脂膜は、

 

✔ 肌から水分が蒸発するのを防ぐ

 

✔ 悪玉菌の繁殖を抑える

 

✔ 紫外線の90パーセント以上をカットする

 

✔ ウイルスから肌を守る抗菌ペプチドの精製を促す

 

など、健やかな肌には欠かせない存在です。

 

悪玉菌の働き

 

肌に悪さをする代表の悪玉菌としては、「黄色ブドウ球菌」「マラセチア菌」「アクネ菌」です。

 

黄色ブドウ球菌は、トビヒやアトピーの原因菌。

 

マラセチア菌は、脂漏性皮膚炎の原因菌(汁が出るほどになれば黄色ブドウ球菌も繁殖しています)

 

アクネ菌は、普段は日和見菌なのですが肌環境が悪くなるとニキビの原因菌になります。

 

こうした菌は、肌がアルカリ性に傾くことで繁殖しやすくなります。

 

脂漏性皮膚炎の原因菌のマラセチア菌やニキビの原因菌のアクネ菌は皮脂が原因です。

 

乾燥した肌は自己防衛のため、皮脂を多く出し肌を乾燥や外部の刺激から守ろうとします。

 

悪玉菌が優勢になる肌は、善玉菌が少なく肌が乾燥しアルカリ性に傾いていると言えます。

 

悪玉菌を増やさないようにするには

 

悪玉菌を増やさないようにするには、善玉菌が優勢になるように皮膚常在菌のバランスを保つことが大切です。

 

善玉菌は皮脂や汗を食べ肌表面に膜を作りますが、この膜のおかげで肌の水分蒸発を防ぎ、肌のPHバランスを保つ役割もしています。

 

この膜のおかげで肌は乾燥せず、アルカリ性を好む悪玉菌、雑菌の繁殖も防いでいます。

 

悪玉菌を増やさないためには善玉菌が優勢になるケアをしていくことが大切だという事です。

 

悪玉菌、日和見菌、善玉菌のバランスを保てる肌にするのが育菌スキンケアになります。

育菌スキンケアのやり方

スキンケア

 

育菌スキンケアは菌を育てるスキンケア方法ですので、まず菌が減ってしまうスキンケアを辞め、菌を増やすスキンケアをします。

 

なんだか難しそう・・・でも心配はいりません。

 

洗顔や保湿など意外と簡単ですので参考にしてみてください。

 

育菌スキンケアの洗顔方法

洗顔

 

育菌スキンケアの洗顔では、洗顔料や洗顔の回数、時間、やり方などを説明します。

 

育菌スキンケアに使いたい洗顔料

 

育菌スキンケアに使いたい洗顔料は、合成界面活性剤を使用していない石鹸(形ではなく成分)です。

 

合成界面活性剤は、乳化力が強いため肌にとって必要な成分(皮脂や保湿成分)まで乳化し洗い流してしまいます。

 

菌は洗顔時にはキメの間や毛穴の間に隠れているのですが、乳化力の強い合成界面活性剤を配合した洗顔料やクレンジングを使うと、隠れている菌まで根こそぎ洗い流すため菌が増えるのに時間がかかるようになります。

 

この間、肌はアルカリ性に傾いているため善玉菌は増えにくく悪玉菌が増えやすくなります。

 

また必要な保湿成分まで洗い流すので乾燥を感じます。

 

このような洗顔を繰り返すと善玉菌が繁殖しずらくなり悪玉菌が優勢になりやすい肌になってしまいます。

 

菌を洗い流し過ぎないよう、洗顔時には適度な洗浄力のある石鹸(形ではなく成分)を使ってください。

 

石鹸は、菌の事だけでなく角質にも優しいです。

 

クレンジングはできるだけ使わない方が良いですが、どうしても使用したい場合は、合成界面活性剤不使用のクレンジングをおすすめします。

 

クレンジング石鹸おすすめランキング♪
メイクも落とせる「クレンジング石鹸」をおすすめ順にランキング形式で紹介しています。 1位)奇跡のオールインワン石鹸 ...
合成界面活性剤不使用のクレンジングジェルおすすめ♪
合成界面活性剤不使用のクレンジングジェルをおすすめ順にランキング形式で紹介しようと思って探してみましたが、1つしか見つけられませんで...
合成界面活性剤不使用のクレンジングバームおすすめ
合成界面活性剤不使用のクレンジングバームをおすすめ順にランキング形式で紹介しようと思ったのですが、合成界面活性剤不使用のクレンジング...
合成界面活性剤不使用のクレンジングクリームおすすめランキング♪
合成界面活性剤不使用のクレンジングクリームをおすすめ順にランキング形式で紹介しています。 1位)ゼノア・コールドクリーム ...
合成界面活性剤不使用のクレンジングミルクおすすめランキング♪
合成界面活性剤不使用のクレンジングミルクをおすすめ順にランキング形式で紹介しています。 1位)アンオークレンズミルク ...
合成界面活性剤不使用クレンジングオイルおすすめランキング♪
合成界面活性剤不使用のクレンジングオイルをおすすめ順にランキング形式で紹介しています。 1位)ブルークレール・ローズ クレ...

 

クレンジングもできる石鹸ならメイク落としも洗顔もできるので便利かもしれませんね。

 

育菌スキンケアの洗顔方法

 

育菌スキンケアの洗顔方法としては、

 

✔ クレンジングや石鹸を使って洗う回数は1日1回夜のみ

 

✔ 長時間肌に泡を乗せ置かない

 

✔ 擦らない

 

事が大切です。

 

洗う回数

回数

 

育菌スキンケアでは、洗う回数は1日1回夜のみにします。

 

クレンジングや石鹸を使って菌を洗い流すと、元に戻るに24時間かかります。

 

水(ぬるま湯)だけの場合より、沢山洗い流してしまうのは仕方のないことですが、これを朝晩続けると菌が増える間が無くなります。

 

菌を育てるスキンケアですので、クレンジングや石鹸を使って洗顔をするのは1日1回、メイクや汚れを落とすために使う夜だけと決めておいてください。

 

朝は、水はぬるま湯だけ。

 

小鼻辺りは皮脂が出て気持ち悪いのであればそのあたりだけ石鹸を使っても良いかもしれません。

 

ですが、たいていは指で丁寧に洗いなすことで対応できます。

 

朝の洗顔は、出来れば水がおすすめです。

 

洗顔時の時間

時間

 

いくら適度な洗浄力と言っても長時間肌に泡を乗せ置くと潤いや菌を乳化しすぎてしまいます。

 

育菌スキンケアでは、泡を乗せて置く時間は「1分以内」と決めて洗顔してみてください。

 

洗顔のやり方

洗顔

 

洗顔は擦らずに泡やぬめりを「パフパフ」と手を押し付けたり離したりする方法を試してみてください。

 

小鼻あたりは指で同じようにしてみてください。

 

クルクルなでないと、汚れが落ちないように気がするかもしれませんが、パフパフすれば手を放すときに毛穴の汚れも引っ張るのできれいになります。

 

洗顔は大量に泡を作って・・・といいますが、私の場合はどちらかと言えば泡立てどっちでも良いとうか泡立てない洗顔をしています。理由としては、石鹸は泡立つときが一番乳化力が高いので、クレンジングと同じように石鹸のぬめりを塗って、肌の上で乳化させながら洗顔しています。

 

 

洗い流しは、肌に石鹸の成分を残さないように洗い流しは十分にしてほしいです。

 

手で何度も流してもいいですが洗い流し残しが気になるので、できれば緩めのシャワー(温度の低いぬるま湯で顔に当てても痛くない程度)で十分にかけ、流してください。

 

育菌スキンケアでは、菌を洗い流し過ぎない洗顔をおすすめします。

 

育菌スキンケアの保湿方法

スキンケア

 

育菌スキンケアでは、菌が減ってしまう成分を配合した保湿剤は使いません。

 

菌が減ってしまう成分とは、パラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤を含め、抗菌成分など合成の防腐剤分です。

 

防腐成分は、化粧品を安全に使うために欠かせない成分ですが、悪い菌が繁殖しない代わりに同じ菌である良い菌も繁殖できません。

 

しかも肌細胞を破壊したり傷つけたりすることは某化粧会社の研究で発表されています。

 

フェノキシエタノールやパラベンなどの防腐剤を配合していない保湿剤を使うことで菌が減るのを防げます。

 

化粧品の防腐剤一覧
ここでは、化粧品に配合されている防腐剤(防腐剤と認定されていない防腐効果のある合成成分も含む)を一覧にしています。 化粧品...
防腐剤フリー化粧水おすすめランキング♪
肌が弱いと化粧水に入っている防腐剤も気になりますよね。 ここでは、防腐剤フリーの化粧水をおすすめ順にランキング形式で紹...

皮膚常在菌(善玉菌)を活性化させる化粧品で強力に育菌スキンケアできる

 

また、善玉菌を活性化させる成分を配合したクレンジングや石鹸、保湿剤もあります。

 

善玉菌を活性化させる成分としては、酵母、発酵エキス、乳酸菌、グルコオリゴ糖(α-グルカンオリゴサッカリド、バイオエコリアともいわれる)など。

 

今いる善玉菌の育菌をサポートし増やすため、こうした成分を配合してる化粧品が沢山出てきています。

 

ただ、こうした化粧品の中にも防腐剤や合成界面活性剤を配合している化粧品も多く、矛盾を感じる点もありますが、肌の調子が良くなったという口コミも多いので、育菌スキンケアに興味がある場合は試してみる価値は十分にあります。

 

育菌コスメおすすめランキング♪
美肌菌を育てて美肌に。 育菌コスメは簡単に肌の菌を増やせる便利なコスメ。 そんな育菌コスメをおすすめ順に...

 

※上のページで紹介している育菌コスメは、中には合成界面活性剤やパラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤を配合しているものもありますが、配合していないものもあります。

「育菌スキンケアですっぴん美肌に」まとめ

 

ほんの少し、洗顔やスキンケアに使う製品に気をつけるだけですっぴん美人になれるかも。

 

すっぴにも自信が持てるようになると毎日の生活も楽しくなること間違いなしです。

 

試してみて下さいね。