赤ら顔に効く成分が入った化粧水を使いたい!

スキンケア 赤ら顔

 

赤ら顔のケアに化粧水を使いたい・・・

 

でも化粧水にどんな成分が入っているのが良いのかな?

 

赤ら顔に効く成分が入った化粧水を使いたい!

 

赤ら顔は、改善が難しい肌の症状です。

 

ですが、最近では赤ら顔に有効な成分が発見され話題となっています。

 

中でも、赤ら顔の特徴でもある「肌の炎症」と「毛細血管の拡張」を沈める成分として「海洋性エキス(プランクトンエキス)」と「アンボラエキス(タンブリッサトリコフィラ葉エキス)」です。

 

この2つの成分は、肌の炎症を沈めたり毛細血管の拡張を沈める効果があると実証されています。

 

ここでは、そんな2つの成分をはじめ赤ら顔のケアに最適な成分を10個書き出してみました。

赤ら顔に効く成分

海洋性エキス(プランクトンエキス)

 

海洋性エキスは、フランス沿岸から採取されるプランクトンを精製した多糖類です。

 

肌を滑らかに整えてくれる効果や、赤ら顔の原因になっている毛細血管の拡張を沈めてくれます。

 

赤みへの効果は80%以上と言われています。

 

このプランクトンエキスは、美肌菌(表皮ブドウ球菌)のエサにもなるため、皮膚常在菌のバランスを整えられ肌を健やかに保つ効果があります。

 

毛細血管拡張を沈める、保湿、エモリエント(柔軟)、保護、皮膚常在菌のバランスを整える

 

海洋性(プランクトン)エキスを配合した赤ら顔専用化粧水はこちら>>

 

アンボラエキス(タンブリッサトリコフィラ葉エキス)

 

アンボラエキスは、別名タンブリッサトリコフィラ葉エキスともいわれているマダガスカル島にか生息しない植物のエキスで、昔から創傷治癒や赤みを抑える成分です。

 

このアンボラエキスの最大の特徴は、赤ら顔の特徴でもある繰り返し起こる事による毛細血管の拡張や紫外線でのダメージなどでおこる抗菌ペプチド暴走を抑えることで肌の赤みに効果があります。

 

とても希少な天然成分であることはまちがないです。

 

抗炎症、抗菌、免疫向上

 

アンボラエキス(タンブリッサトリコフィラ葉エキス)を配合した赤ら顔用化粧水はこちら>>

 

ビタミンK

 

ビタミンK、赤ら顔の原因になっている毛細血管のつまり(血栓やうっけつ)を取り除き、血液の流れをスムーズにする働きがあります。

 

血液の流れを良くなることで赤ら顔改善に役立と言われています。

 

毛細血管のつまり(血栓やうっ血)を取り除く

 

ビタミンK配合の赤ら顔用化粧水はこちら>>

 

ビタミンC誘導体

 

ビタミンC誘導体は、ターンオーバーを促進し肌の生まれ代わりを助けます。

 

コラーゲン生成をサポートする効果で肌の弾力も取り戻せます。

 

活性酸素を抑える働きがあるので肌の酸化(老化)を防いでくれます。

 

できてしまったメラニン色素を還元する作用があるので美白効果も期待できるため赤ら顔のくすんだ肌に透明感をもたらしてくれます。

 

皮脂分泌のコントロール作用があるため、皮脂での酸化を防ぐことができます。

 

このように沢山の美容効果があります。

 

ただ、ビタミンC誘導体にも種類があり肌に刺激がある酒類が多いのでどれでも使うと肌が荒れる可能性があります。

 

赤ら顔の方が使われる場合は肌に刺激のないAPPS(最新型ビタミンC誘導体)を使うと良いです。

 

抗酸化、細胞活性、美白、コラーゲン生成、皮脂分泌コントロール

 

APPS(最新型ビタミンC誘導体)を配合した赤ら顔用化粧水はこちら>>

 

セラミド

 

セラミドは、赤ら顔の薄くなった肌バリアを強化し、肌から水分が蒸発するのを防いでくれます。

 

セラミドは角質の間に存在する転園保湿因子でその大半を占めている大切な成分です。

 

外部の刺激が侵入しないようにしてくれる事と、肌から水分が蒸発しないように防いでくれます。

 

赤ら顔の肌は、肌が荒れていたり肌が薄いのでセラミドを補給して、肌の水分蒸発を防いだり外部の刺激から肌を守る必要があります。

 

水分ばランスが保たれるようになると肌に透明感も戻ってきます。

 

肌バリア強化、保水(保湿)、肌を滑らかに保つ

 

セラミドを高配合した赤ら顔用化粧水はこちら>>

 

グリチルリチン酸K(甘草、カンゾウネエキス)

 

グリチルリチン酸K(甘草、カンゾウネエキス)は抗炎症成分です。

 

炎症の起こりやすい赤ら顔の炎症を沈めてくれると共に、肌バリアを強化するセラミドの生成もサポートしてくれます。

 

メラニン色素に働きかけてくれるため、美白効果もあります。

 

抗炎症、消炎、セラミド生成、美白

 

グリチルリチン酸K(甘草、カンゾウネエキス)を配合した赤ら顔用化粧水はこちら>>

 

プラセンタエキス

 

プラセンタエキスは、肌再生サポートをしてくれる成分ですのであらゆる美容効果が期待できます。

 

プラセンタのアミノ酸があらゆるエイジング効果を発揮してくれます。

 

肌再生、美白、抗酸化

 

プラセンタエキスを配合した赤ら顔用化粧水はこちら>>

 

ブクリュウ

 

ブクリュウは、漢方エキスで鎮静、抗炎症作用があるため、荒れがちな赤ら顔の炎症を沈めてくれます。

 

また利尿作用があるため、むくみがちな赤ら顔のリンパの流れを良くして顔をスッキリさせてくれます。

 

肌再生効果もあります。

 

ブクリュウを配合した赤ら顔用化粧水はこちら>>

 

ミネラル

 

ミネラルは、肌の生まれ変わり似なくてはならない成分です。

 

不足すれば、肌荒れなどのトラブルを起こします。

 

また、抗酸化作用もあるため様々な美容効果を期待できます。

 

抗酸化、細胞活性

 

ミネラルを配合した赤ら顔用化粧水はこちら>>

 

ヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸は水分を抱え込む保湿成分。

 

赤ら顔の肌は炎症や赤みのため肌表面の温度が高く水分が蒸発しやすくなっているため、保湿成分として欠かせません。

 

保湿、保護

 

ヒアルロン酸を配合した赤ら顔用化粧水はこちら>>

 

赤ら顔のスキンケアには

 

赤ら顔は肌バリアが弱まっているために肌に炎症を起こしたり毛細血管が拡張しているために顔が赤く見えます。

 

赤ら顔のスキンケアには、肌の炎症や毛細血管の拡張を鎮め肌バリアをサポートする成分配合の化粧水をおすすめします。

 

赤ら顔化粧水おすすめランキング♪
ここでは、赤ら顔のケアにおすすめの化粧水をランキング形式で紹介。また悩みのよって選びやすいよう悩み別おすすめも案内しています。