赤ら顔に最適なプチプラ化粧水の選び方

ドラックストア 赤ら顔

 

赤ら顔のケアにプチプラの化粧水は良いのかな?

 

どんな化粧水ならいいんだろう・・・

 

赤ら顔の人は肌バリアが正常に機能していない(壊れている)ため、外部の刺激が侵入しやすく乾燥しやすい状態です。

 

なので「すぐに肌が荒れる(いつも荒れている)」「刺激を感じる」「乾燥しやすい」など肌がとても敏感です。

 

敏感な肌には、刺激となる「合成界面活性剤」「エタノール」「保存料(合成防腐剤)」などは時に注意しないといけません。

 

・界面活性剤は、油分と水分を混ぜ合わせたり、浸透性や使用感を良くするために配合されていますが、肌バリアの矢宇割をしてくれている保湿成分(セラミドなど)も乳化し肌バリアが壊してしまうといわれています。

 

・エタノールは、保存のための殺菌や清涼感を出すために配合されていますが、揮発する成分なので肌に刺激があり顔の赤みを増してしまう原因になります。(蒸発時に乾燥を加速させる場合も)

 

・保存料(防腐剤)は、化粧品を安心して使うため雑菌が繁殖しないように配合されていますが、肌細胞を壊す成分としても知られています。

 

できればこうした成分が配合されていない(入っていても少ない)化粧品を選ぶのが無難です。

 

赤ら顔に良いといわれるハトムギ化粧水キュレル化粧水にもそうした成分は入っていました。

 

他にも安い化粧水はたくさんありますが、ドラックストアなどに販売しているプチプラ化粧水にはエタノールや防腐剤、界面活性剤など肌に必要のない成分が配合されているものが多いです。

 

安いだけで選んでも肌の調子は良くなるどころか、悪化する可能性も考えられます。

 

安いプチプラの化粧水だけに限らず、ご自身の肌に適している化粧水を選ぶためには、パッケージに書かれた売り言葉(キャッチフレーズ)に振り回されないよう成分をよく見て選んでくださいね。

赤ら顔のスキンケアには

 

赤ら顔は肌バリアが弱まっているために肌に炎症を起こしたり毛細血管が拡張しているために顔が赤く見えます。

 

赤ら顔のスキンケアには、肌の炎症や毛細血管の拡張を鎮め肌バリアをサポートするのはもちろん、肌や肌バリアを傷つける化学成分(特に乳化剤や防腐剤)を配合していない(入っていても配合の少ない)化粧水やジェルおすすめします。

 

赤ら顔専用化粧水おすすめランキング!
少しの刺激で顔が赤くなる・・・ 化粧をしていても色がおかしいからなんだかダサくてメイクも決まらない・・・ ...
赤ら顔のスキンケアに使って良かった!オールインワンジェルランキング
いつも赤く火照りがちな赤ら顔は肌表面の温度も高く普通の肌に比べ水分が沢山蒸発しています。 なのでいつも肌は乾燥状態。 ...