赤ら顔にハトムギ化粧水は良い?

ナチュリエ・ハトムギ化粧水 赤ら顔ケア情報
http://www.imju.jp/shop/c/c1040/

 

赤ら顔にハトムギ化粧水っていいいのかな・・・

 

ハトムギ化粧水ってシンプルだから肌に良いって聞きますよね。

 

そこでドラックストアやスーパーにも良く置いているナチュリエ・スキンコンディショナーハトムギ化粧水とプラチナレーベル・ハトムギ化粧水調べてみました。

 

ナチュリエ・スキンコンディショナーハトムギ化粧水

ナチュリエ・ハトムギ化粧水

http://www.imju.jp/shop/c/c1040/

 

内容量:500ml 値段:700円前後

 

全成分:水、DPG、BG、グリセリン、ハトムギエキス、グリチルリチン酸2K、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

 

説明では「ベタつかないさっぱりした使用感で浸透に優れており、重ねるほど肌になじむ化粧水で、天然ハトムギエキス(保湿成分)を配合し、肌荒れのないなめらかな素肌に保ち、香料や着色料など、保湿に不要な成分は極力使わないシンプルな処方。低刺激性で肌にやさしく、安心してお使いいただけます」とあります。

 

成分では、ハトムギの他に肌の炎症を沈める効果のあるグリチルリチン酸2Kが配合されていますね。

 

ですが、肌が敏感になっている赤ら顔に刺激になるエタノールが配合されていますし、肌細胞を傷つけるといわれるパラベンが2種類も使われています。

 

エタノールは、さっぱりした清涼感を演出するために配合されているんでしょうけど、肌に刺激なるだけでなく元々肌にある水分も蒸発させてしまいます。

 

それを防ぐためかポリマー(被膜剤)も入っていますね。

 

プラチナレーベル・ハトムギ化粧水

プラチナレーベル・ハトムギ化粧水

http://doshisha-beauty.com/pl/product/%E3%83%8F%E3%83%88%E3%83%A0%E3%82%AE%E5%8C%96%E7%B2%A7%E6%B0%B4/

 

内容量:1000ml 値段:1000円前後

 

全成分:水、BG、グリセリン、加水分解ローヤルゼリータンパク、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、ヨクイニンエキス、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン

 

説明では、「天然植物成分ハトムギエキス※(ヨクイニンエキス)(保湿成分)配合でしっとり潤い、なめらかな素肌に。」とあります。

 

こちらはハトムギエキスではなく、ハトムギを精製したヨクイニンになっていますね。

 

ヨクイニンの他には、保湿成分として加水分解ローヤルゼリータンパクが配合されています。

 

プラチナレーベル・ハトムギ化粧水は、3種類のヒアルロン酸などの保湿成分がプラスされたしっとりタイプがあります。

 

肌細胞を傷つける防腐剤は配合されているものの、肌に刺激となるエタノールが配合されていないので使いやすいかもしれません。

 

ただ、どちらの化粧水も、赤ら顔が改善できる成分は配合されていないので、肌を整るだけにとどまる可能性が高いと感じました。

 

特に毛細血管拡張を沈める成分や肌バリアを強化できる成分は配合されていないので、毛細血管拡張がある赤ら顔や、外部の刺激に弱い肌になってしまっている赤ら顔には効果は期待できないかもしれません。

 

赤ら顔のスキンケアには、顔の赤みの原因となっている肌の炎症や毛細血管拡張を沈める成分が配合されているものがおすすめです。

 

赤ら顔のスキンケアには

 

赤ら顔は肌バリアが弱まっているために肌に炎症を起こしたり毛細血管が拡張しているために顔が赤く見えます。

 

赤ら顔のスキンケアには、肌の炎症や毛細血管の拡張を鎮め肌バリアをサポートするのはもちろん、肌や肌バリアを傷つける化学成分(特に乳化剤や防腐剤)を配合していない(入っていても配合の少ない)化粧水やジェルおすすめします。

 

赤ら顔専用化粧水おすすめランキング!
少しの刺激で顔が赤くなる・・・ 化粧をしていても色がおかしいからなんだかダサくてメイクも決まらない・・・ ...
赤ら顔のスキンケアに使って良かった!オールインワンジェルランキング
いつも赤く火照りがちな赤ら顔は肌表面の温度も高く普通の肌に比べ水分が沢山蒸発しています。 なのでいつも肌は乾燥状態。 ...