赤ら顔改善にコラーゲンは良い!?

赤ら顔

 

赤ら顔は、間違ったスキンケアや外部の刺激によりコラーゲンが減り肌が薄くなってしまっているといわれていますね。

 

コラーゲンの少ない肌は赤ら顔の原因になっているだけでなく、弾力のない肌になってしまっています。

 

弾力のない肌は垂水が目立ち老けた印象に。

 

ハリのある強い肌を保つためにコラーゲンを増やしたいですね。

 

コラーゲンを増やすには、エステや美容外科のフォトフェイシャルやレーザーでも可能です。

 

今では様々なフォトやレーザーなどのマシーンがありますので、試してみるのもよいかと思われます。

 

自分でできる方法としては、化粧品で補う方法や食事やサプリメントで補う方法になります。

 

化粧品で補う

 

化粧品で補うには、まず肌の乾燥を防ぐことが大切になります。

 

肌バリアを強化できるセラミドやコラーゲン生成を促すビタミンC誘導体(ビタミンC)を配合した化粧品を使うと良いです。

 

赤ら顔専用化粧水の中では「しろ彩」と「ピオリナ」にセラミドやビタミンC誘導体が配合されています。

 

セラミドは肌の乾燥を防ぐ効果やコラーゲン生成のサポートをする働きがあります。

 

ビタミンC誘導体にはコラーゲン生成サポートをする効果のほかにターンオーバーを促したり、赤ら顔に多い皮脂の出すぎを防ぐ効果もあります。

 

抗酸化作用も高いため美白効果もあります。

 

※化粧品に配合されているコラーゲンはコラーゲンが増えるのではなく保湿成分として配合されています。

 

食事でとる

 

栄養素として食事でとるなら、手羽先や鳥皮、牛アキレス、豚足、ふかひれ、すっぽんなどがコラーゲンが豊富です。

 

毎日摂るのは大変ですが、スープに煮だしてもコラーゲンがとれます。

 

食事で摂るコラーゲンは分子が大きいためすべてがお肌に役だつ分けではないといわれていますが、極力食べるように心がけているほう良いですね。

 

一緒にビタミンCを摂取するとさらにコラーゲン生成能力が高まるので、ビタミンC豊富な果物や野菜も食べてくださいね。

 

果物としては、アセロラ、キウイ、レモン、柿など。

 

野菜としては、赤ピーマン、黄ピーマン、芽キャベツ(キャベツ)、レタスなどです。

 

バランスの取れた食事をしてくださいね。

サプリメントで摂る

 

肌のコラーゲンを増やすためにコラーゲンを摂るなら、コラーゲンサプリが一番おすすめです。

 

その理由としては、近頃のコラーゲンサプリは低分子化されていて、体内に吸収しやすくなっているからです。

 

コラーゲンサプリは、粉タイプやドリンクタイプがありますが、経済的で飽きのないのが粉タイプです。

 

味や匂いの配慮をされているものが多く、いろいろな飲み物や食べ物に混ぜていただくことができて便利です。(溶けやすいものと溶けに食い物もあります。)

 

コラーゲンは牛、豚、魚といろいろありますが、牛コラーゲンが一番臭みがなく飲みやすいです。

 

おすすめはニッピコラーゲンです。

 

手軽なうえに溶けやすく、試した中では一番無味無臭でした。

 

ドリンクタイプは、おやつ感覚でさっと手軽に飲めるところが良いです。

 

たいていが、リポビタンDのような小瓶になっているので、持ち運んで外出先でさっと飲むこともできます。

 

粉タイプより様々な美容成分が一緒に入っているのも粉タイプとの違いになります。

 

さっと飲むのが好きな方は、簡単で便利なドリンクタイプをおすすめします。

 

おすすめは、アスタリフトのコラーゲンドリンクです。

 

赤ら顔だけじゃない!コラーゲンはしっかりとっていきたい成分の一つ

肌

 

コラーゲンは、ビタミンと違って食べて摂るには大量に食べないと補えないので、こうした超低分子のコラーゲンを摂るほうが効率が良いです。

 

粉末タイプはジュースタイプやゼリータイプが苦手な方はもちろん、何ににでも溶かしていただけるのでとても便利です。

 

水やお茶などでは味の変化を感じるかもしれませんが、牛乳や豆乳、コーヒーなど味のある飲料に入れられるので毎日飲んでも飽きません。

 

健康のために家族にも一緒に摂らせたい場合にも、汁物や練り物などの料理にも入れられますのでとても重宝します。(入れていても判りませんからね。)

 

ジュースタイプはおやつ感覚で手軽に手軽にいただけますし、他の美容成分が入っているのも魅力の一つです。

 

粉タイプを選ぶか、ドリンクタイプを選ぶかは好みによると思いますが、赤ら顔だけでなくコラーゲンは年齢とともに減少する成分の一つ。

 

コラーゲンが減少すると、肌のたるみや潤いが無くなるだけでなく、歯肉や歯、髪にも悪影響を及ぼすと言われています。

 

歯茎が痩せて歯肉炎や歯槽膿漏になりやすくなると言われていますし、髪を作っている地肌が痩せてくるので髪が抜けやすくなり、新しい髪が生えて気にくくなるそうです。

 

爪ももろくなります。

 

肌だけでなく、歯や髪、爪なども年齢を見られるところなので、しっかりケアはしていると思いますが、コラーゲンが不足しているなら外からのお手入だけを熱心にしても良くならないかもしれません。

 

トラブルを解消し、いつまでも若々しく保つには、外からのお手入れも大切ですが、健康や美肌のためにも内からもしっかりコラーゲンを補ってくださいね。