老人性イボの痛くない取り方!

イボ 老人性イボ

 

気になる老人性イボを取りたい・・・

 

「痛みもなく知らない間に自然にポロっと取れる」のが理想ですよね。

 

でも取り方と言えば痛い方法が多いのが現実。

 

それでも・・・

 

出来れば痛くない方法で取りたいですね。

 

老人性イボを痛くない唯一の取り方としては、イボケアジェルでケアして取る方法です。

 

この方法は全く痛みがありません!

 

毎日塗るだけ。

 

朝晩でも夜だけでもOKとっても簡単です。

 

ただ、1つだけ欠点があります。

 

それは直ぐには取れないという事。

 

ケアして肌の代謝を高める方法なので塗ってすぐに取れるというものではありません。

 

イボの形や大きさ、数にもよりますが1週間~数か月かかることも。

 

時間がかかることさえ構わなければイボケアジェルでケアすれば痛みなく老人性イボが取れますよ。

 

早くイボを何とかしたい場合はターンオーバーを促してくれるイボ用のサプリメント(ヨクイニン)や酵素洗顔やピーリングも併用することで老人性イボが早くなくなくなること間違いないです。

 

痛みなく老人性イボを取りたいならまずは、イボケアジェルで様子を見てみてはいかがでしょう。

 

イボ

 

私の場合は、時々首にできる小さなスキンタッグはジェルでケアするだけもいつの間にか自然になくなっています。

 

放置していると時々できるので重宝しています。

 

老人性イボの取り方は色々あるけど・・・

考える 悩む

 

一般的に角質粒、スキンタッグ、アクドコルロン、脂漏性角化症などの老人性イボを取るには、皮膚科で取る方法と自分で取る方法があります。

 

取り方もいろいろありますが、ぶっちゃけ痛みのある方法が多いです。

 

皮膚科での治療はハサミで切ったり、液体窒素で焼いたり、レーザー照射で皮膚を削ります。

 

どの方法も多かれすくなかれ痛みがありますし、治療法によっては出血があったり傷跡が残る可能性もあります。

 

自分で取る方法としては、「はさみで切る」「爪切りで切る」「毛抜きで取る」「イボコロリを使う(そもそも使ってはいけません)」「カソーダ、ドライアスで焼く」などの方法がありますが、肌を傷つけて取る方法ですので痛みや出血があります。

 

しかも、ちゃんと取れないやり方もありますし、場合によっては傷になる可能性も高いです。

 

肌代謝を高めることが一番!

老人
老人性イボはご存知の通り、肌の老化が原因で起こる角質異常です。

 

加齢や生活習慣によってターンオーバーが遅くなって古い角質が積み重なることで変形しイボになってしまいます。

 

そうしたことにならないよう肌の老化を防ぐためのインナーケアとスキンケアをしっかりする事がターンオーバーを促し今ある老人性イボ対策と今後できないための予防になります。

 

ついでに肌自体も綺麗になるので一石二鳥です。

 

老化予防にはありきたりですが、ケア以外にも生活習慣や食生活に気を付け、肌のターンオーバーを促すためにも代謝が落ちないよう少しでもいいので運動もしたほうが良いです。

 

代謝が下がる睡眠不足やストレスにも気を付けてください。

 

スキンケアでは、肌老化の原因NO1で老人性イボができる原因にもなる紫外線から肌をしっかり守ることも忘れないでくださいね。

 

老人性イボの痛くない取り方は1つ

 

痛くないように老人性のイボを取る唯一の方法は、肌のケアしかありません。

 

イボ用のジェルには肌代謝を高める成分や肌を修復する成分がたくさん入っています。

 

老人性イボケアジェルでケアしてみてくださいね。

 

早く取りたいならサプリメントや酵素洗顔、ピーリングなども併用すると解消スピードが早まります。

 

全く痛くないので試してみてくださいね。