赤ら顔の体質改善や肌改善に役立つ栄養素

赤ら顔ケア情報

 

一度なるとなかなか改善しにくい赤ら顔。

 

赤ら顔の改善&対策に良いサプリメントが欲しい。

 

赤ら顔の原因は間違ったスキンケアだけでなく、体のためや肌のための栄養が摂れていない可能性も考えられます。

 

インナーケアには生活習慣などの見直しもしていくことも大切ですが、中からケアするには栄養素も気にしたいですね。

 

食べたもので肌はできているのですから。

 

ここでは赤ら顔対策に役立つ栄養素を紹介しています。

 

赤ら顔の改善に役立つ栄養素

セラミド

 

角質層の肌バリア成分で外部の刺激から肌を守る役割と水分を蒸発させない役割があります。

 

赤ら顔で肌が敏感になっているのは、間違ったスキンケアや外部の刺激によりセラミドが足りないからだといわれています。

 

肌荒れ、ニキビ、ビニール肌(肌が薄い)なら必ず補いたい成分です。

 

ビタミンK

 

出血を止める働きと血行を良くする両方の働きがあるビタミンで、骨を形成するのを助ける働きもあります。

 

毛細血管の拡張を鎮めてくれるといわれています。

 

ベータカロテン

 

ベータカロテン肌が抗酸化作用の高い成分で、緑黄色野菜に多く含まれています。

 

胃腸で吸収されたベータカロチンは、肝臓に蓄えられ、必要なときに必要な分だけビタミンAに変わって目や組織の粘膜などに運ばれ肌のターンオーバーを助けてくれます。

 

特に温州ミカンに多い「β-クリプトキサンチン」というベータカロチンが抗酸化作用も高くセラミド生成サポート、コラーゲン生成サポート、ターンオーバー促進効果や免疫力を高めることから美容効果が高いとされています。

 

ビタミンB群

ビタミンB群には8つありそれぞれに働きが違いますが、主に代謝を促進する働きがあり肌代謝も高めてくれます。

 

ターンオーバーをサポートしてくれるビタミンです。

 

ビタミンC

 

抗酸化作用やコラーゲン成分サポートする成分です。

 

プラセンタ

 

細胞活性化因子が含まれるため肌を育てるのに良いと言われています。

 

肌再生を高めるといわれるプラセンタは、羊、豚、馬とありますが、サラブレット(馬)がアミノ酸量が豊富な事と高品質なためサラブレットのプラセンタが人気です。

 

ポリフェノール

 

高い抗酸化作用がある成分で、血液をサラサラにしたり、若い細胞をつくりだす働きを助けてくれます。

 

肌老化や炎症を防ぐ効果があるので、普段からとっておきたい成分です。

 

コエンザイムq10

抗酸化作用の高い成分で、エネルギーを作りだす働きもあるためダイエットにも人気のある成分です。

 

サプリメントとしては、酸化型のコエンザイムq10では、変換される力が弱いため、すでに還元されている還元型を選ぶのがコツです。

 

乳酸菌抽出物LFK

 

乳酸菌抽出物LFKはフェカリス菌FK-23を粉砕し核を取り出したもので、様々な健康効果や美容効果に特許を取っています。

 

腸内環境が乱れると免疫力が下がり肌も抵抗力がなくなりトラブルを起こしがちになります。

 

また、赤ら顔の原因の一つになっている酒さは腸内環境の乱れからくる免疫細胞の異常によるともいわれています。

 

赤ら顔(酒さ)に効果が立証されているLFK配合の乳酸菌なら赤ら顔改善に役立ちます。

 

ビタミンE

 

抗酸化作用と血行促進が期待できます。

 

アスパラガス抽出物

 

自律神経の乱れを整える効果があります。

 

のぼせやほてりからくる赤ら顔におすすめできます。

 

ショウキョウエキス(生姜エキス)

 

強い抗酸化作用があり、体を温め血行促進する効果があります。

 

巡りが悪いために起こる毛細血管拡張やのぼせなどに良いです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

色々採るのは面倒だし費用も掛かりますが、自分に足りないと思われる栄養素があれば積極的に取り入れる工夫が大切です。

 

食事では難しい場合はサプリメントなども活用してみてくださいね。

 

赤ら顔改善サプリメントランキング♪
顔の赤みを少しでも治したい・・・ スキンケアも大切だけど体の中からも赤ら顔を治したい。 そんな方には、赤...