日焼け後に赤ら顔になってしまった時の対処法

紫外線 赤ら顔

 

日焼けをしてしまってから、どうも顔が赤くなって治らない。

 

そればかりか、日が経つにつれてヒリヒリして痛いし顔の赤みが引かない・・・

 

それらは紫外線によって引き起こされた「赤ら顔」かもしれません。

紫外線と赤ら顔の関係

紫外線

 

紫外線と聞くと一般的に思い浮かぶトラブルは、シミやしわ、そばかすなどと思います。

 

紫外線で赤ら顔になるというのはあまり知られていないかもしれません。

 

紫外線には、肌にとって有害な物質が多く含まれています。

 

その有害な物質から肌を守ろうとして、体内に活性酸素が発生し、色素沈着しやすくなります。

 

活性酸素は本来は肌を守るために発生するものですが、殺菌作用がが強力であるためかえって肌に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

紫外線を多く浴びてしまうと皮膚の奥にある真皮まで影響を与え、その上からさらに、紫外線を浴びると活性酸素の影響で毛細血管が膨張してしまい、血管が透けたように見え赤ら顔になってしまうのです。

 

また、紫外線は肌の体温を上昇させたり水分を蒸発させたりします。

 

これにより、肌のうるおいが無くなってしまい肌が常に乾燥した状態になってしまい、外部の刺激などにより炎症を起こすことによって肌自体が赤くなります。

 

これが紫外線による赤ら顔の原因です。

日焼け後による赤ら顔の改善方法

冷

 

まずはとにかく冷して水分補給をする。

 

日焼けは火傷と同じです。

 

熱を持った肌を冷やしてあげると良いです。

 

氷嚢などを当てるのも良いですが、日焼け後は触れると肌が痛いと思うので、冷やしながら肌の水分補給ができるミスト状化粧水が便利です。

 

無添加ミスト化粧水おすすめランキング
無添加ミスト化粧水をおすすめ順にランキング形式で紹介しています。 1位)スリーエフェクトスキンミスト 全成分...

 

焼けて熱を持った肌はとても乾燥します。

 

ミスト化粧水でも水分補給が間に合わないと感じたら、日焼け後に良い「アロエジェル」も良いですね。

 

アロエジェルおすすめランキング
日焼け後や肌荒れ時に肌を癒してくれるアロエジェル。 ここでは日焼け後や肌荒れに役立つアロエジェルをおすすめ順にランキン...

 

たっぷり塗って肌の熱を冷まして水分を逃がさないようにしてください。

 

乾いたらたっぷり塗るを繰り返すと良いです。

 

昼間外出する方は、アロエジェルを1日中塗っておくのは難しいと思うので、昼間はミスト化粧水を利用して、夜にアロエジェルをたっぷり塗って保護してください。

 

肌が落ち着いてくれば赤ら顔でなくなるはずです。

 

肌が落ち着いてきたのに赤ら顔は続く場合は、日焼けがきっかけで肌バリアが正常に機能しなくなり本格的に赤ら顔になってしまった可能性があります。

 

ですが、どのみち肌バリアを正常に戻すため肌の保護をしていくこが大切になりますので、もしそうなった場合も肌に優しいケアを続けてみてくださいね。