グルコオリゴ糖の美容効果

砂糖 グルコオリゴ糖

 

グルコオリゴ糖は正式名「α-グルカンオリゴサッカリド」で、原料は、ショ糖や植物(小麦やトウモロコシなど様々)のデンプンを生成し糖化したマルトース(麦芽糖)の化合物。

 

そのマルトースから酵素で合成された天然のオリゴ糖です。

 

なかには「バイオエコリア」と記載しているメーカーもあります。

 

グルコオリゴ糖の美容効果としては、「保湿効果」「善玉菌活性化」です。

 

グルコオリゴ糖は水分を保持する効果があるため保湿効果が期待できます。

 

また、皮膚常在菌の善玉菌だけが好んで食べ活性化させることができることから、善玉菌活性化成分として化粧品に配合されています。

 

皮膚常在菌の善玉菌が活性化することで得られる効果

スキンケア

 

グルコオリゴ糖に期待する主な効果としては善玉菌活性化です。

 

グルコオリゴ糖は、肌に付けることで肌の柔軟や保湿と共に、私たちの皮膚に住んでいる皮膚常在菌の中の表皮ブドウ球菌(善玉菌=美肌菌)のエサになり、肌に有益な菌だけを特別に繁殖させる事ができる成分としても話題となっています。

 

表皮ブドウ球菌(善玉菌=美肌菌)は、老化の原因になる乾燥や紫外線、肌トラブルの原因になるる悪玉菌が繁殖しないよう皮脂膜を合成、肌の水分保持や弱酸性に保つ働きをしたり、雑菌やウイルスから肌を守る抗菌ペプチドも生成していることが分かっています。

 

美肌菌が少ない肌は、乾燥を招くだけでなく悪玉菌が繁殖しやすいと言われています。

 

悪玉菌の多くなると肌はアルカリ性に傾き炎症が起こりやすくなります。

 

アトピー、ニキビ、脂漏性皮膚炎などは菌のバランスが崩れたことによって起こっている事も判っています。

 

こうした肌トラブルを防ぐためた、乾燥から肌老化を防ぐためにも美肌菌を増やす事が大切になります。

 

ことからグルコオリゴ糖は美肌菌を増やすため、スキンケアに欠かせない化粧品に配合され始めました。

 

グルコオリゴ糖を配合した化粧品を使うだけで皮膚常在菌のバランスが整い、老化やトラブルに負けない肌になれるという事です。

 

「グルコオリゴ糖の美容効果」まとめ

 

グルコオリゴ糖には保湿効果がありますが、期待する主な美容効果としては「善玉菌活性化」です。

 

善玉菌が活性化することによって肌表面に皮脂膜(弱酸性の保湿成分)を作り

 

✔ 乾燥から肌を守る

 

✔ 紫外線から肌を守る(完璧なら90%以上の紫外線を防止する)

 

✔ 肌のPHバランスを保ち悪玉菌や雑菌から肌を守る

 

✔ 抗菌ぺプチドの生産サポート

 

肌には、善玉菌、日和見菌、悪玉菌が存在していて、善玉菌が多い時は肌の調子も良く悪玉菌が優勢になると日和見菌も加担し肌に悪意影響を及ぼします。

 

肌の菌のバランスを整えるには、善玉菌を優勢にすることが大切。

 

善玉菌が優勢になることで悪玉菌が繁殖しずらい環境を整えることができ、トラブルや老化のない美肌を保つ事ができるようになります。

 

なので、善玉菌を活性化できる「グルコオリゴ糖」の効果はすごい!ということになります。

 

グルコオリゴ糖を配合した化粧品は下記ページを参考にしてみてください。

グルコオリゴ糖化粧品おすすめランキング♪
肌に住む善玉菌を活性させるグルコオリゴ糖を配合した化粧品をおすすめ順にランキング形式で紹介しています。 1位)ビオサプ ...