毛穴の開きが目立つ赤ら顔のスキンケア

肌 赤ら顔

 

毛穴の開きが目立つ赤ら顔。

 

ただでさえ顔が赤くて恥ずかしい思いをしているというのに、毛穴まで開いて目立つとなると、どうすればいいかわからなくなってきますよね。

 

ここでは、毛穴が開いて目立つ赤ら顔に良いスキンケアについて紹介しています。

毛穴開いて目立つ赤ら顔の原因

毛穴

 

毛穴の開きが目立つ赤ら顔の原因は、「皮脂の過剰分泌」です。

皮脂が多く出るために通り道である毛穴が大きく広がってしまうのだそう。
赤ら顔に多い脂性肌でベタつきやテカリに悩まされている方に多いです。
この出すぎる皮脂のせいで炎症を起こして赤みが出る場合も多いです。
放っておくと脂漏性皮膚炎になる場合も。

皮脂の過剰分泌を抑えるスキンケア

 

皮脂の過剰分泌は肌の乾燥が原因です。

 

赤ら顔は毛細血管拡張や肌の炎症によって肌表面の温度が高いため、角質の水分が蒸発しやすくなっています。

 

皮脂の過剰分泌を抑えるスキンケアとしては、皮脂の過剰分泌につながる乾燥を食い止める事が先決です。

 

※肌が乾燥すると皮脂を余分に出して乾燥から肌を守ろうとします。

 

そのためには、洗顔と保湿の見直しをしてみてください。

余分な皮脂を優しく落とす

洗顔

 

まずは、皮脂を落とす洗顔から見直しです。

 

洗顔料は、皮脂を落とし過ぎない、正確には角質の保湿成分(細胞間脂質)を落とさない洗顔おすすめします。

 

細胞間脂質を洗い流さないようにするには、パーム油や牛脂などを原料にした石鹸を使うことで、細胞間脂質を洗い流さずに洗顔できます。

 

パーム油や牛脂を原料にした石鹸素地は、皮脂を落とすのは得意ですが細胞間脂質を落とすのが苦手。

 

パーム油や牛脂の石鹸素材配合の石鹸を使う事で、乾燥を全く感じずに皮脂をしっかり洗い流すことができます。

 

また、古い角質を肌に残すと炎症につながるので「酵素洗顔料」もおすすめです。

 

 

皮脂が多くて乾燥は感じないけど・・・

 

皮脂が多く出ているため乾燥を感じていない場合でも、インナードライと言って肌内部が乾燥しているため皮脂を多く出して肌を守る自己防衛機能が働いています。

 

また、皮脂が多く出ている場合は、皮脂が毛穴を押し広げることで毛穴が開きます。

 

どのみち乾燥していることが毛穴が開く原因につながるんですね。

水分の蒸発を防ぐための保湿

 

毛穴の開きの原因になっている乾燥を防ぐには、水分蒸発を防いでくれる細胞間脂質の主成分でもあるセラミドを補うのが良いです。

 

そもそも赤ら顔は肌が薄いため、角質の肌バリア成分でもあるセラミドが足りていないからです。

 

セラミドを補うには、化粧品とサプリメントが便利です。

 

直ぐに実感できるのは化粧品ですが、ゆとりがあればサプリもおすすめです。

 

 

化粧品は、肌に負担のない無添加のものがおすすめです。

 

赤ら顔で毛穴の開きが目立つ原因は肌の乾燥です。

 

肌の乾燥を防ぐスキンケアで皮脂による肌の炎症や毛穴の開きを防いでくださいね。