赤ら顔の日焼け止めの選び方

赤ら顔

 

赤ら顔に大敵になる紫外線、対策はバッチリでしょうか?

 

どんな日焼け止めクリーム(ジェル)を選ぶかによって、日焼けをするかしないかに関わりますよね。

 

でも、日焼けのことだけ考えて日焼け止めを選んでしまうと大変なことに・・・。

 

赤ら顔を予防、改善のためにしている日焼け止めも実は悪化させてしまう原因になってしまうのです。

 

赤ら顔は、皮膚が薄く、外的ダメージを受けやすいので日焼け止めを選ぶのも注意が必要なんです!

 

赤ら顔の人がどのような日焼け止めクリーム(ジェル)を選べばよいか紹介します。

赤ら顔の人が日焼け止めクリーム(ジェル)を選ぶポイント

 

赤ら顔の人が日焼け止めを選ぶポイントとして気を付けておきたいのは「SPFとPA+」と「紫外線をカットする成分」です。

 

SPFとPA+

 

日焼け止めのパッケージに書かれているこの表示を目にしたことはあると思います。

 

SPFとは、紫外線のB波をどのくらいの時間防ぐことができるかという目安になっています。

 

SPF50なら、日焼け止めクリーム(ジェル)を使わないときと比べて50倍の時間をB波からまもってくれるということですね。

 

 

時間で換算すると1PSF=15分なので、SPFが50なら750時間、12.5時間となりますが、実際は汗や皮脂、摩擦などで落ちるので、どちらにしても2,3時間ごとの塗り直しは必要になります。

 

PA+とは、紫外線A波に対しての防御力がどのくらいあるかを示しています。

 

紫外線A波に対して、防御力が高くなるとPAの隣についている「+」の数が多く表示されています。

 

これらの指数が高ければ高いほど紫外線A波から守る力が強いという訳です。

紫外線をカットする成分

 

赤ら顔にとって紫外線が肌に与える影響はとても大きいです。

 

しかし、SPFやPAを重視して防御力ばかりみて選べばいいという訳ではないのです。

赤ら顔の場合、日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が肌に刺激を与えてしまい、赤ら顔を悪化させてしまう原因にもなります。

 

また、日焼け止めを落とす際に、クレンジングを使ったり、日焼け止めが落としきれていないなどトラブルがあると改善どころか悪化する一方です。

 

赤ら顔の人は、SPFやPAを重視するのではなく、敏感肌の人でも使いやすいノンケミカル(紫外線吸収剤を使っていない)の日焼け止めクリーム(ジェル)や紫外線吸収剤や紫外線散乱剤をコーティングしている製品を選ぶと良いです。

 

最近では、肌に優しい日焼け止めでもSPFやPAが高めなものも販売されているので助かります。

 

その他には、肌に全く負担をかけない飲む日焼け止めサプリで紫外線対策をすることもできます。

 

飲む日焼け止めサプリは、少し前までは外国製のものばかりで高額なものが多く、「手に入りずらい」「飲むのが不安」だという声が多かったのですが、最近では日本製で高品質&手頃な価格で手に入る製品も多くなりました。

 

飲む日焼け止め(日焼け止めサプリ)も活用すれば肌の負担が減りますし、赤ら顔改善にも役立つ抗酸化成分や美容成分も配合されていますので一石二鳥に。

 

赤ら顔の日焼け止めを選ぶには、紫外線を予防するSPFやPAだけでなく成分をよく見て肌に優しい日焼け止めを選ぶことや、飲む日焼け止めサプリを活用して肌の負担を減らすと赤ら顔の悪化を防げますね。